塩酸ドネペジル(商品名:アリセプト)に関する論文 【アリセプトは投与しないで!】

進行性核上性麻痺の患者におけるドネペジルの無作為化プラセボ対照試験

Randomized placebo-controlled trial of donepezil in patients with progressive supranuclear palsy.
Neurology. 2001 Aug 14;57(3):467-73.
Litvan I, Phipps M, Pharr VL, Hallett M, Grafman J, Salazar A.
PMID 11502915
6週間投与。記憶検査の1つでは向上したが、日常生活動作や可動性は有意に悪化したという結論。Litvan博士は、PSP研究の第一人者の1人。

進行性核上性麻痺の治療におけるドネペジル

Donepezil in the treatment of progressive supranuclear palsy.
Acta Neurol Scand. 2001 Feb;103(2):123-5
Fabbrini G, Barbanti P, Bonifati V, Colosimo C, Gasparini M, Vanacore N, Meco G.
PMID 11227131
3か月投与。効果もなかったが副作用や症状悪化もなかったという結論。

進行性核上性麻痺におけるコリン作動系

Cholinergic systems in progressive supranuclear palsy.
N. M. Warren, M. A. Piggott, E. K. Perry, and D. J. Burn
Brain, 2005 Feb;128(Pt 2):239-49. Epub 2005 Jan 13. Review.
PMID 15649952
総説。ヨーロッパのPSP協会(PSP Europe)の資金援助を受けた論文。ドネペジルについても以下のように言及している。
最近、アルツハイマー病やレビー小体型認知症における有益な効果から、長期作用型コリンエステラーゼ阻害剤(ChEIs)に関心が集まっている。認知機能、運動技量、日常生活動作(ADL)を6例のPSP患者においてベースラインとドネペジル10mg/日による治療3か月後で評価したところ、計測されたどのパラメータでもベースラインからの変化はなかった(Fabbriniほか, 2001)。同じ用量のドネペジルが、二重盲検プラセボ対照無作為化クロスオーバー試験において、各群6週間の投与で21例に使用された(Litvanほか, 2001)。3例において運動機能悪化のために、用量を減らさなければならなかった。記憶検査の1つでわずかに改善があったが、運動機能と日常生活動作のスコアは有意に悪化した。これらの研究に基づいて、コリンエステラーゼ阻害剤(ChEIs)は現在のところPSPの治療には推奨されていない。

抗酸化剤に関する論文

神経変性疾患におけるコエンザイムQ10の効果

Coenzyme Q10 effects in neurodegenerative disease.
Spindler M, Beal MF, Henchcliffe C.
Neuropsychiatr Dis Treat. 2009;5:597-610. Epub 2009 Nov 16.

PSPについても、現在第形蟷邯海了臆端圓鯤臀乎罎任△襪海箸覆匹記載されている。
PMID 19966907
無料で全文を読める(英語)
治験情報については、治験情報(英語)をご覧ください。
2010/6/5アップロード

進行性核上性麻痺におけるコエンザイムQ10の短期効果:無作為化プラセボ対照試験

Short-term effects of coenzyme Q(10) in progressive supranuclear palsy: A randomized, placebo-controlled trial.
Stamelou M, Reuss A, Pilatus U, Magerkurth J, Niklowitz P, Eggert KM, Krisp A, Menke T, Schade-Brittinger C, Oertel WH, Höglinger GU.
Mov Disord. 2008 May 7; [Epub ahead of print]
PMID 18464278

アマンタジンに関する論文

多系統萎縮症と進行性核上性麻痺におけるアマンタジンの効果

Amantadine effectiveness in multiple system atrophy and progressive supranuclear palsy.
Parkinsonism Relat Disord. 1997 Dec;3(4):211-4.
Rajrut AH, Uitti RJ, Fenton ME, George D.
Division of Neurology, University of Saskatchewan, Saskatchewan, Canada.
1970年から1996年の間にアマンタジン100ミリグラムを1日2回投与された症例について分析した。14例(女性3例、男性11例)の進行性核上性麻痺患者のうち、6例(42.9%)で何らかの向上がみられ、5例(35.7%)はベネフィットがなく、3例(21.4%)は情報が不充分だった。副作用は3例(28.6%)で記録されている。著者はアマンタジンは試してみる価値はあると結論している。
訳注:日本での商品名には、シンメトレル、アテネジン、アマゾロン、グランザート、シキタンなどがある。
PMID 18591078

診断基準と鑑別診断に関する文献

進行性核上性麻痺の臨床評価尺度

A clinical rating scale for progressive supranuclear palsy.
Brain. 2007 Jun;130(Pt 6):1552-65. Epub 2007 Apr 2.
Comment in: Nat Clin Pract Neurol. 2007 Nov;3(11):600-1.
Golbe LI, Ohman-Strickland PA.
PMID 17405767
Oxford Journals のサイトで全文を無料で読むことができる。

脳脊髄液中の脳蛋白値:パーキンソン病の鑑別診断における補助

Levels of brain related proteins in cerebrospinal fluid: An aid in the differential diagnosis of parkinsonian disorders.
Constantinescu R, Zetterberg H, Holmberg B, Rosengren L.
Parkinsonism Relat Disord. 2008 Jun 16. [Epub ahead of print]
PMID 18562238

幻視の存在をパーキンソン病と非定型パーキンソニズムの鑑別に使用する

Using the presence of visual hallucinations to differentiate Parkinson's disease from atypical Parkinsonism.
Williams DR, Warren JD, Lees AJ.
J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2007 Sep 14; [Epub ahead of print]
PMID 17872984
幻視はパーキンソン病とレビー小体型認知症でよく起こる。この試験では23例の進行性核上性麻痺患者についても調査している。幻視はパーキンソン病で顕著に起こり、進行性核上性麻痺や多系統萎縮症では非常に稀である。

異なる症状パターンとCBF(脳血流)低下によるパーキンソン病と初期進行性核上性麻痺の鑑別診断

Kurata T, Hayashi T, Murakami T, Miyazaki K, Morimoto N, Ohta Y, Takehisa Y, Nagai M, Kawarabayashi T, Takao Y, Ohta T, Harigaya Y, Manabe Y, Kamiya T, Shoji M, Abe K.
Differentiation of PA from early PSP with different patterns of symptoms and CBF reduction.
Neurol Res. 2008 Aug 7; [Epub ahead of print]
PMID 18691446

進行性核上性麻痺:臨床病理学的概念と診断における難題

Progressive supranuclear palsy: clinicopathological concepts and diagnostic challenges.
Williams DR, Lees AJ.
Lancet Neurol. 2009 Mar;8(3):270-9.
PMID 19233037
【重要】進行性核上性麻痺には5つの亜型があるとする論文。2009.3.8アップロード。
1 Richardson's syndrome ("classic PSP")
2 PSP-Parkinsonism (PSP-P)
3 PSP-Pure akinesia with gait freezing (PSP-PAGF)
4 PSP-Corticobasal syndrome (PSP-CBS)
5 Progressive non-fluent aphasia (PNFA)

コリン作動系に関する文献

運動障害における線条体コリン作動性介在ニューロンの再興

Re-emergence of striatal cholinergic interneurons in movement disorders.
Pisani A, Bernardi G, Ding J, Surmeier DJ.
Trends Neurosci. 2007 Sep 27; [Epub ahead of print]
PMID 17904652

進行性核上性麻痺と他の神経変性疾患における大脳基底核コリン作動性神経化学

The basal ganglia cholinergic neurochemistry of progressive supranuclear palsy and other neurodegenerative diseases.
N M Warren, M A Piggott, A J Lees, and D J Burn
J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2007 Jun;78(6):571-5. Epub 2006 Dec 18.
PMID 17178818
進行性核上性麻痺の大脳基底核におけるムスカリン受容体M2(シナプス前性)とM4(シナプス後性)に関する論文。進行性核上性麻痺18例、レビー小体型認知症45例、アルツハイマー病39例、対照群50例で調べた。

アセチルコリンエステラーゼ活性の陽電子放射断層撮影は、パーキンソン病と進行性核上性麻痺では上行コリン作動系の損失が異なることを明らかにした

Positron emission tomographic measurement of acetylcholinesterase activity reveals differential loss of ascending cholinergic systems in Parkinson's disease and progressive supranuclear palsy.
Shinotoh H, Namba H, Yamaguchi M, Fukushi K, Nagatsuka S, Iyo M, Asahina M, Hattori T, Tanada S, Irie T.
Ann Neurol. 1999 Jul;
PMID 10401781

進行性核上性麻痺におけるドパミン作動系とコリン作動系の障害

Dopaminergic and cholinergic lesions in progressive supranuclear palsy.
Ruberg M, Javoy-Agid F, Hirsch E, Scatton B, LHeureux R, Hauw JJ, Duyckaerts C, Gray F, Morel-Maroger A, Rascol A, et al.
Ann Neurol. 1985 Nov;18(5):523-9.
PMID 3000280

タウ蛋白に関する論文

進行性核上性麻痺におけるタウ蛋白を基本とした治療戦略(2008)

Tau-based treatment strategies in neurodegenerative diseases.
Schneider A, Mandelkow E.
Neurotherapeutics. 2008 Jul;5(3):443-57.
PMID 18625456

タウ凝集の毒性を評価する(2008)

Rankin CA, Gamblin TC.
Assessing the toxicity of tau aggregation.
J Alzheimers Dis. 2008 Aug;14(4):411-6.
PMID 18688091

進行性核上性麻痺において脳脊髄液中のタウ蛋白アイソフォームのパターンは変化している(2008)

Neurobiol Aging. 2007 Aug 18.
Pattern of Tau forms in CSF is altered in progressive supranuclear palsy.
Borroni B, Gardoni F, Parnetti L, Magno L, Malinverno M, Saggese E, Calabresi P, Spillantini MG, Padovani A, Di Luca M.
Department of Neurology, University of Brescia, Italy.
PMID 17709155

神経変性疾患におけるタウ蛋白質アイソフォームのパターンを神経変性疾患の78症例と26例の対照群で検討した研究。進行性核上性麻痺におけるパターンは他の疾患と比較して特異的だった。
PSPにおける33kDa/55kDaタウ比は (0.46+/-0.16)。
健常者を含む対照群では、(1.16+/-0.46, P=0.002)。
アルツハイマー病では、(1.38+/-0.68, P<0.001)。
前頭側頭型認知症では、 (0.98+/-0.30, P=0.008) 。
皮質基底核変性症では、 (0.98+/-0.48, P=0.02)。
パーキンソン病では、(1.16+/-0.26, P=0.002)。
レビー小体型認知症では、(1.44+/-0.48, P<0.001)。

症例報告

進行性核上性麻痺の発症に先行したうつ病:症例報告

Depression preceding the onset of progressive supranuclear paralysis: a case report.
Neuropsychiatry Clin Neurosci. 2008 Spring;20(2):247-8.
Quante A, Jakob F, Wolf J.
PMID 18451206
アブストラクトなし

Handbook of Clinical Neurology, Volume 89, 2008 の特集

いずれの論文も要約はないが、論文のアウトライン(見出し)を著作権管理会社のサイト(science direct)で読むことができる。このサイトの各論文にとぶには各論文のPubMed?経由で行くのが簡単である。

進行性核上性麻痺における現在と将来の治療アプローチ(2008)

Current and future therapeutic approaches in progressive supranuclear palsy.
van Balken I, Litvan I.
Handb Clin Neurol. 2008;89:493-508. No abstract available.
PMID 18631772

進行性核上性麻痺の神経病理学(2008)

Neuropathology of progressive supranuclear palsy.
Dickson DW.
Handb Clin Neurol. 2008;89:487-91. No abstract available.
PMID 18631771

進行性核上性麻痺の遺伝学(2008)

Genetics of progressive supranuclear palsy.
Pittman A, Silva R, Lees AJ, Wood NW.
Handb Clin Neurol. 2008;89:475-85. No abstract available.
PMID 18631770

進行性核上性麻痺の臨床的側面(2008)

Clinical aspects of progressive supranuclear palsy.
Azher SN, Jankovic J.
Handb Clin Neurol. 2008;89:461-73. No abstract available.
PMID: 18631769

進行性核上性麻痺の疫学(2008)

The epidemiology of progressive supranuclear palsy.
Golbe LI.
Handb Clin Neurol. 2008;89:457-9. No abstract available.
PMID 18631768

認知障害に関する論文 【アルツハイマー型とは違います】

血管内皮増殖因子(VEGF)の遺伝子変異が前頭側頭葉変性症の罹患率をあげることの予備的証拠

Borroni B, Ghezzi S, Agosti C, Archetti S, Fenoglio C, Galimberti D, Scarpini E, Di Luca M, Bresolin N, Comi GP, Padovani A, Del Bo R.
Preliminary Evidence that VEGF Genetic Variability Confers Susceptibility to Frontotemporal Lobar Degeneration.
Rejuvenation Res. 2008 Aug;11(4):773-80.
PMID 18729809

161例の前頭側頭葉変性症、56例の大脳皮質基底核変性症、57例の進行性核上性麻痺について、血管内皮増殖因子の遺伝子変異を検討したイタリアの研究。

前頭側頭型認知症と関連疾患:謎を解読する

Frontotemporal dementia and related disorders: Deciphering the enigma.
Josephs KA.
Ann Neurol. 2008 Jul 30;64(1):4-14 [Epub ahead of print]
PMID 18668533
過去1世紀で神経難病の分野は進歩を遂げたが、個々の臨床的な症状と根底にある神経病理学を関連づけることは容易ではない。この問題についてまとめた総説。

進行性核上性麻痺における認知障害

Litvan I.
Cognitive disturbances in progressive supranuclear palsy.
J Neural Transm Suppl. 1994;42:69-78.
PMID 7964698

2009.9.25アップロード

痙攣に関する論文

進行性核上性麻痺における痙攣(けいれん)

Seizures in progressive supranuclear palsy.
Neurology. 1989 Jan;39(1):138-40.
Nygaard TG, Duvoisin RC, Manocha M, Chokroverty S.

9年間の間に62例のPSP患者を診たが、そのうち7例で痙攣(seizure phenomena)があった。今まで認識されていたよりもPSP患者での痙攣の頻度は高い可能性がある。

PMID 2909902
2010.3.28アップロード

大脳皮質基底核変性症における痙攣(けいれん):症例報告

Seizures in corticobasal degeneration: a case report.
Neurocase. 2009 Aug;15(4):352-6. Epub 2009 Jun 18.
Douglas VC, DeArmond? SJ, Aminoff MJ, Miller BL, Rabinovici GD.

痙攣はアルツハイマー病や他の神経変性疾患では比較的よくある。しかし、我々の知る限り、大脳皮質基底核変性症に伴う痙攣の報告はない。本報告は脳生検でCBDと思われる特徴が出た患者での部分発作と二次的な全身痙攣(complex partial seizures with secondary generalization)である。

PMID 19544144
2010.3.28アップロード

未分類

進行性核上性麻痺と多系統萎縮症における臨床転帰

Clinical outcomes of progressive supranuclear palsy and multiple system atrophy.
O'Sullivan SS, Massey LA, Williams DR, Silveira-Moriyama L, Kempster
PA, Holton JL, Revesz T, Lees AJ.
Brain. 2008 Apr 2 [Epub ahead of print]
PMID 18385183

オーストラリアの論文。雑誌『Brain』の記事のほとんどは、発行日から18か月は無料で読めるそうです。この論文も2009年11月8日現在、無料でPDFファイルをダウンロードすることができます。

進行性核上性麻痺の1症例における外斜視両側眼筋麻痺

Wall-eyed bilateral internuclear ophthalmoplegia in a patient with progressive supranuclear palsy.
Ushio M, Iwasaki S, Chihara Y, Murofushi T.
J Neuroophthalmol. 2008 Jun;28(2):93-6.
PMID 18562838

進行性核上性麻痺における三叉神経頸反射の欠如

Lack of trigemino-cervical reflexes in progressive supranuclear palsy.
Bartolo M, Serrao M, Perrotta A, Tassorelli C, Sandrini G, Pierelli F.
Mov Disord. 2008 Jun 17. [Epub ahead of print]
PMID 18561341

J. Clifford Richardson と進行性核上性麻痺50年

J. Clifford Richardson and 50 years of progressive supranuclear palsy.
Neurology. 2008 Feb 12;70(7):566-73.
Williams DR, Lees AJ, Wherrett JR, Steele JC.
PMID 18268249

進行性核上性麻痺における広範囲の脊髄の関与

Widespread spinal cord involvement in progressive supranuclear palsy.
Iwasaki Y, Yoshida M, Hashizume Y, Hattori M, Aiba I, Sobue G.
Neuropathology. 2007 Aug;27(4):331-40.
PMID 17899686

非定型的パーキンソニズムにおけるすくみ足歩行の臨床的スペクトラム

The clinical spectrum of freezing of gait in atypical parkinsonism.
Factor SA.
Mov Disord. 2008 Jul 30;23(S2):S431-S438 [Epub ahead of print]
PMID 18668624
すくみ足歩行(FOG)はパーキンソン病より非定型的パーキンソニズムによくある症状である。

ミトコンドリア複合体義乏欧罵業される線条体ニューロンの機能不全の電気生理学と薬理学

Electrophysiology and pharmacology of striatal neuronal dysfunction induced by mitochondrial complex I inhibition.
Costa C, Belcastro V, Tozzi A, Di Filippo M, Tantucci M, Siliquini S, Autuori A, Picconi B, Spillantini MG, Fedele E, Pittaluga A, Raiteri M, Calabresi P.
J Neurosci. 2008 Aug 6;28(32):8040-52.
PMID 18685029

持続性発声と音素のためのパーキンソン病と進行性核上性麻痺における脳機能マッピング

Functional mapping in PD and PSP for sustained phonation and phoneme tasks.
Sachin S, Senthil Kumaran S, Singh S, Goyal V, Shukla G, Mahajan H, Behari M.
J Neurol Sci. 2008 Aug 1; [Epub ahead of print]
PMID 18675995

パーキンソニズムと主観的視覚障害:よく分かっていない分野の概観

Parkinsonism and subjective visual impairment: an overview of a poorly understood area.
Churchyard A.
Clin Exp Optom. 2008 Mar;91(2):127-8. No abstract available.
PMID 18271775

パーキンソン病、進行性核上性麻痺、多系統萎縮症における臨床的言語障害

Sachin S, Shukla G, Goyal V, Singh S, Aggarwal V; Gureshkumar; Behari M.
Clinical speech impairment in Parkinson's disease, progressive supranuclear palsy, and multiple system atrophy.
Neurol India. 2008 Apr-Jun;56(2):122-6.
PMID 18688134

四肢動物とヒトにおける脊髄上位歩行運動のコントロール

Jahn K, DeutschlA?nder A, Stephan T, Kalla R, HA?fner K, Wagner J, Strupp M, Brandt T.
Supraspinal locomotor control in quadrupeds and humans.
Prog Brain Res. 2008;171:353-62.
PMID 18718326

全身硬直症候群(スティッフマン症候群)における目の硬直

Oskarsson B, Pelak V, Quan D, Hall D, Foster C, Galetta S.
Stiff eyes in stiff-person syndrome.
Neurology. 2008 Jul 29;71(5):378-80. No abstract available.
PMID 18663186
アブストラクトなしのため、進行性核上性麻痺がどう関係しているかは不明。

自律神経障害における診断ツールとしての括約筋筋電図

Sakakibara R, Uchiyama T, Yamanishi T, Kishi M.
Sphincter EMG as a diagnostic tool in autonomic disorders.
Clin Auton Res. 2008 Sep 8; [Epub ahead of print]
PMID 18780143
多系統萎縮症の鑑別診断に関する論文

進行性核上性麻痺における脳梁の拡散テンソル分析

Ito S, Makino T, Shirai W, Hattori T.
Diffusion tensor analysis of corpus callosum in progressive supranuclear palsy.
Neuroradiology. 2008 Sep 9; [Epub ahead of print]
PMID 18779957
進行性核上性麻痺において脳梁の拡散テンソル分析(MRI)を使った鑑別診断に関する論文

進行性核上性麻痺の患者における自律神経機能障害

Schmidt C, Herting B, Prieur S, Junghanns S, Schweitzer K, Reichmann H, Berg D, Ziemssen T.
Autonomic dysfunction in patients with progressive supranuclear palsy.
Mov Disord. 2008 Sep 12; [Epub ahead of print]
PMID 18792126

未分類(タイトル和訳:香川志保)

12/19検索分

異なる錐体外路症状における自律神経検査中の圧受容体反射感受性及びパワースペクトル解析

Baroreflex sensitivity and power spectral analysis during autonomic testing in different extrapyramidal syndromes.
Mov Disord.. [Epub ahead of print]
Friedrich C, Rüdiger H, Schmidt C, Herting B, Prieur S, Junghanns S, Schweitzer K, Globas C, Schöls L, Berg D, Reichmann H, Ziemssen T.
PMID: 20014116

ドイツの論文

前頭側頭型認知症、核上性注視麻痺及び舞踏病と関連するTARDBP変異

TARDBP variation associated with frontotemporal dementia, supranuclear gaze palsy, and chorea.
Mov Disord. 2009 Sep 15;24(12):1843-7.
Kovacs GG, Murrell JR, Horvath S, Haraszti L, Majtenyi K, Molnar MJ, Budka H, Ghetti B, Spina S.
PMID: 19609911

オーストリアの論文。遺伝子変異に関する論文。

12/8検索分

パーキンソン症候群の診断における脳核磁気共鳴画像技術

Brain magnetic resonance imaging techniques in the diagnosis of parkinsonian syndromes.
Neuroimaging Clin N Am. 2010 Feb;20(1):29-55.
Seppi K, Poewe W.
PMID: 19959017 [PubMed? - in process]

オーストリアの論文

11/28検索分

原発性進行性言語会話障害の病因予想

Prediction of pathology in primary progressive language and speech disorders.
Neurology. 2009 Nov 25. [Epub ahead of print]
Deramecourt V, Lebert F, Debachy B, Mackowiak-Cordoliani MA, Bombois S, Kerdraon O, Buée L, Maurage CA, Pasquier F.
PMID: 19940270

フランスの論文

11/21検索分

異なるパーキンソン症候群における変性は、アストロサイトの種類とアストロサイトの蛋白発現と関連がある

Degeneration in different parkinsonian syndromes relates to astrocyte type and astrocyte protein expression.
J Neuropathol Exp Neurol. 2009 Oct;68(10):1073-83.
Song YJ, Halliday GM, Holton JL, Lashley T, O'Sullivan SS, McCann? H, Lees AJ, Ozawa T, Williams DR, Lockhart PJ, Revesz TR.
PMID: 19918119

オーストラリアの論文。

11/15検索分

非定型パーキンソニズムにおけるジストニアの臨床的特徴

Clinical features of dystonia in atypical parkinsonism.
Godeiro-Junior C, Felicio AC, Barsottini OG, Aguiar PM, Silva SM, Borges V, Ferraz HB.
Arq Neuropsiquiatr. 2008 Dec;66(4):800-4.
PMID: 19099114

ブラジルの論文。
論文全文を無料で読める

進行性非流暢性失語における失行症

Apraxia in progressive nonfluent aphasia.
J Neurol. 2009 Nov 12. [Epub ahead of print]
Rohrer JD, Rossor MN, Warren JD.
PMID: 19908082

イギリスの論文。

多系統萎縮症、パーキンソン病及び進行性核上性麻痺におけるα-シヌクレインの脳内蓄積:比較調査

Brain {alpha}-synuclein accumulation in multiple system atrophy, Parkinson's disease and progressive supranuclear palsy: a comparative investigation.
Brain. 2009 Nov 10. [Epub ahead of print]
Tong J, Wong H, Guttman M, Ang LC, Forno LS, Shimadzu M, Rajput AH, Muenter MD, Kish SJ, Hornykiewicz O, Furukawa Y.
PMID: 19903734

カナダの論文。

進行性核上性麻痺患者における反復経頭蓋磁気刺激:パイロット試験

Repetitive transcranial magnetic stimulation in patients with progressive supranuclear palsy: a pilot study.
Acta Neurol Belg. 2009 Sep;109(3):200-4.
Santens P, Sieben A, De Letter M.
PMID: 19902813

ベルギーの論文

2009/11/7検索分

グルコセレブロシダーゼ突然変異p.L444P及びp.N370Sは、ポーランド人患者の多系統萎縮症、進行性核上性麻痺及び大脳皮質基底核変性症と関連していない。

Glucocerebrosidase mutations p.L444P and p.N370S are not associated with multisystem atrophy, progressive supranuclear palsy and corticobasal degeneration in Polish patients.
Jamrozik Z, Lugowska A, Slawek J, Kwiecinski H.
J Neurol. 2009 Nov 1. [Epub ahead of print] No abstract available.
PMID 19882201

パーキンソン病と進行性核上性麻痺には異なるMAPTハプロタイプが関連している。

Different MAPT haplotypes are associated with Parkinson's disease and progressive supranuclear palsy.
Ezquerra M, Pastor P, Gaig C, Vidal J, Cruchaga C, Munoz E, Marti MJ, Valldeoriola F, Aguilar M, Calopa M, Hernandez-Vara J, Tolosa E.
Neurobiol Aging. 2009 Oct 28. [Epub ahead of print]
PMID 19879020

スペインの文献。遺伝子変異とパーキンソン病、PSP/CBDの発症について。H1-rs242557(G) アレルサブハプロタイプはパーキンソン病の増加に、H1-rs242557(A)アレルサブハプロタイプはPSP/CBDの増加と関係している。

パーキンソン病における治療と診断の代謝ネットワーク

Metabolic networks for assessment of therapy and diagnosis in Parkinson's disease.
Hirano S, Eckert T, Flanagan T, Eidelberg D.
Mov Disord. 2009 Oct 28;24(S2):S725-S731. [Epub ahead of print]
PMID 19877247

鑑別診断に関するアメリカの論文。

MRIによる非定型パーキンソン障害進行の評価

Assessing disease progression with MRI in atypical parkinsonian disorders.
Kollensperger M, Wenning GK.
Mov Disord. 2009 Oct 28;24(S2):S699-S702. [Epub ahead of print]
PMID 19877233

多系統萎縮症、進行性核上性麻痺、レビー小体型認知症に焦点をあてて、MRIを使用した疾患進行の評価について述べたオーストリアの論文。

パーキンソン病及び関連障害における(123)I-メタヨードベンジルグアニジンシンチグラフィ

(123)I-metaiodobenzylguanidine scintigraphy in Parkinson's disease and related disorders.
Rascol O, Schelosky L.
Mov Disord. 2009 Oct 28;24(S2):S732-S741. [Epub ahead of print]
PMID 19877202

フランスの論文。

パーキンソン障害における連続的容積測定MRI

Serial volumetric MRI in Parkinsonian disorde rs.
Wild EJ, Fox NC.
Mov Disord. 2009 Oct 28;24(S2):S691-S698. [Epub ahead of print]
PMID 19877198

イギリスの論文。

第33章 運動障害の歴史

Chapter 33 The history of movement disorders.
Lanska DJ.
Handb Clin Neurol. 2009;95:501-46.
PMID 19892136


トップページ


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-27 (日) 05:43:03 (1976d)